ヘアドネーション。

はい、いきなりですが

ヘアドネーションって 知ってますか?

元々 友達のブログで知ってたのですが、


先日のななみちゃんをばっさり切った時に思い出して、

あーーっ、送って見よって。


友達のブログからの転載ですが,

_____________________________________________________________________

ヘアドネーション =JAPAN HAIR DONATION & CHARITY (JHDAC)とは、

広く市民の皆様からのヘアドネーション(髪の寄付)や寄付金を受付け、

その髪とお金を使ってフルオーダーの医療用ウィッグを制作し、

無償提供を行う日本で唯一の『特定非営利活動法人』です。

病いや先天性の脱毛症、不慮の事故、その他さまざまな理由により

髪を失ってしまった子供達に

ウィッグを提供することで「社会性の復権」をサポートし、

子供達の生活や人権を守ることを目的として設立されました。

せっかく頑張って病気やケガを克服しても、

髪(容姿)のことで、更に精神的な問題を抱えてしまう、

という悪循環に陥ってしまいます。

しかし、人毛を使ったフルウィッグともなれば、最低でも数十万円という贅沢品。

とても簡単に買える値段ではありません。

そこでJHDACは、100%人毛で作られた”医療用ウィッグ”を小児用にフルオーダーし、

しかも無償で提供することにこだわりました。

また、材料となる髪と製作に係る費用を全国のドナーから募ることで、

高価な贅沢品とみなされていた人毛ウィッグを

「究極のREBORN PRODUCTS(生まれ変わった製品)」として、

全国の子供たちの元に届け続けています。

__________________________________________________________________________

という活動です。


前から バッサリ切るお客様の髪の毛を頂いて

ストックしてたりするんですね。

その毛で カラーの色見たり、パーマしたりするのに。

今回は ななみちゃんの毛束とストックの中で一番長い毛を

送ってみようと思います。


こういう活動がもっと広まればいいと思うので

ちょっと送って見ようと。

美容師ができることあるならやってみようかな?ってくらいですがw


31cm以上あると ウィッグに使えるみたいです。

髪の毛を送りたいというお客様があれば

責任もって送りますよー。

ではでは。






0コメント

  • 1000 / 1000