京都の火祭り 花背の松上げ。

昨日は、送り火、大文字でしたねー。
見られた方も多いですよね。
うちは、もう一つの送り火、
花背の松上げに行ってました。

ホントは、15日にあるんですが、
雨のために16日に順延となりました。
そのために出町柳から出てる臨時バスは中止。
つまり、人が少ない。
ということで、行って来ました。
場所は、花背交流の森。
松上げを見に行く公共交通機関は、
京都バスの臨時のみ。
車か、タクシー、バイクしか行けない場所にあります。
仕事終わってから出発。
お店からバイクで1時間程かかります。
到着後、しばらく待っていたら
松明を持った人達が。
そして、1000本ほどある松明に火をつけていきます。
全部つけ終わった後、
太鼓と鐘の音が変わり、
松明を投げ入れ始めます。
もう火がついてますがw
玉入れみたいなかんじですね。
カメラ持っていったけど、あんまりうまいこと撮れないやw
もう、こんだけ燃えてます。
そして、この燈呂木を倒します。
よそ見してたら撮れなかったーーー!(´;Д;`)

そして、伊勢音頭を歌いながら帰っていきます。

京都の祭りは雅なんが多いと思われてますが、
北部は鞍馬の火祭りをはじめ、
火祭りが多いです。
火伏せの神様 愛宕信仰があるからでしょうね。
京都の家やお店の台所には、たいがい
火迺要慎って書いたお札がはってあります。
愛宕さんのお札なんですよね。
それだけ、普通にあるものなんですよ。

あー、でも今年も見れました。
去年は広河原の松上げ。
今年は花背のが見れました。
この後は、地蔵盆かな?
って、関係ないけどね。笑

ではでは。

0コメント

  • 1000 / 1000