ヘアードネーション。京都 一乗寺

ヘアードネーションって知ってますか?
小児ガンや無毛症、先天性の脱毛症、不慮の事故などで髪の毛を失ってしまった子ども達に、医療用ウィッグを提供することで「社会性の復権」をサポートし、子ども達の未来を守ることを目的として設立されました。

これは友達のブログから知ったことなんですけどね。
あっ、
うちも前に一度送ってるんですよね。
うちの店はヘアードネーションの賛同サロンとかじゃないです。
でも、
ただ知ってただけです。
どうしたらいいか、どこに送ったらいいかとか。
それだけで、この活動に参加出来るんですね。

先日も、うちのお客様がヘアードネーションのドナーになっていただきました。
うちのお店のお客様のお友達が、最近ヘアードネーションをされたそうですけど、
どこですればいいとかわかんなくて。
で、わかんないままうちの店に来てくれました。
それで、その話をしてくれはったんですね。
うちは知ってたから、スムーズにドネーションの話をして、
送れるようにカットできましたけど。
知らなかったら、
それ何?みたいになると思います。

もちろんお客様がヘアードネーションの賛同サロンとかに行ければいいのですけどね。
でも、初めて行く美容院で
ヘアードネーションのために、
切ってもらうのも
勇気いると思うんですよね。

だから、行きつけの美容院とかに問い合わせてもらって、切ってもらうのが一番いいと思ってます。
もし、行きつけの美容師さんがヘアードネーションの事をしらなくて、
そのお店がヘアードネーションをしてなくても、
こういう活動があって、
こういう事をしてるって、
美容師さんに知ってもらうのもいいかな?って思ってます。

昔から思ってるんですけど、
知らないって事は若さなのかもしれないですけど、
知ろうとしないって事は
罪なんやと。

もちろん、
それを知ったから、がんがんその活動をして欲しいとかじゃなくて
それは、人それぞれ。
ヘアードネーションのことを知ってからでも、
何もしなくてもそれでもいいと思いますよ。
でも、
もし、ヘアードネーションしたいっていうお客様が来店されたときには
ちゃんとそれが活かされるように
してあげれる美容室が増えたら、
いいなぁって思います。

もっともっとこの活動を知ってもらいたいなぁって。
そう、知ってるだけでもいいんですよね。
積極的に賛同サロンになるのもいいし、
賛同サロンにならなくても、
美容師さんが髪を預かって送ってくれるだけでもいいし、
その髪をもらってお客様が自分で送るのもありかな?
やり方さえわかればいいんです。
でも、ヘアードネーションのことを知って、
お客様がヘアードネーションしたいってなった時に
協力できる。
そんなお店が増えてくれるといいなぁーって思うんです。
そやから、知って欲しいんですよね。
こういう活動があるのをね。
そうすれば、もっと人に優しくなれるんじゃないかな?って思います。

うちの店でお預かりした髪の毛は
責任持ってJHD&C(愛称・ジャーダック)に
送りますので。

よろしくお願いします。
ではでは。

0コメント

  • 1000 / 1000